Communication

 

マナー

最近モバイルが大流行ですがちょっと気になることがあります。電磁波問題です。ペースメーカーを含む医療機器への電波の影響は"医用電気機器への電波の影響を防止するための「携帯電話端末等の使用に関する指針」の改正について" JATE通信/1997.5 p.166-P.169を取り寄せ読みました。携帯電話やPHS、無線機を持つ人々には必ず読んでいただきたいものと感じました。携帯電話だけを悪者にしたり電磁波に対して過敏になる必要はないと思いますが知らないうちに迷惑をかけている可能性もあることを知って置くべきです。ペースメーカーを使用されている方の逃げ場がないというのは社会問題です。ちなみにペースメーカー埋め込み患者は約20万人、年間埋め込み者数は約2万人程度といわれています。埋め込み位置は鎖骨の下が多いそうです。子供からお年寄りまで通常の方と同様の生活をされているので見分けるのは困難かと思われます。

「医療施設および不特定多数の人と接近(目安22cm)せざるを得ない場所では携帯の電源を切りましょう。」

Communication Electronic Life


携帯電話

PDC

au 144kbpsのPacketOneサービス開始を機に契約しました。Sony Ericsson A3014Sを使っています。auはデザインに引かれてC413を短期間使ったこともあります。一般的にSony Ericssonの携帯電話はデザインがUIが直感的に操作でき使いやすいです。cdmaOneは電波環境が悪いと音が極端に悪くなります。相手の声が聞こえて自分の声が伝わらない事態も経験しています。
TU-KA 端末はSony TH241→Panasonic TH071→Sony TH291と使っていました。TH071からモバイルに使い始めました。新幹線からの接続がDoCoMo 800MHzと比較すると悪いのが弱点です。またCDMAへの対応表明が無い点も気に入りません。TH291はデザイン、機能(住所まで入るアドレス帳)、わかりやすく統一性のあるGUIと操作性(ジョグダイヤル)がとても良く気に入っていました。
DoCoMo Data Scope for DoCoMoで契約していました。TU-KAと比べてサービス窓口の対応の良さには感心しました。しかし音の悪さには閉口します。皆さんが声を張り上げて通話している理由がわかりました。

電子メールに限れば9600bpsでなんとか我慢できます。ほぼ全国で使えるので出張や旅行で重宝します。DoCoMoなら移動中にも使えます。送信電力が大きいのでThinkPad530やチャンドラTで採用されているトラックポイントではアンテナを近づけると電磁波の影響を受けポインタが勝手に動いてしまいます。その後PCユーザーから対策が発表され(PHSでは問題にならないので私は対策しませんでした。)、チャンドラUでは製品で対策されました。携帯版のPDAは'98年ぼちぼち現れていま したが高速インフラの整備前だったので使い勝手はいまいちでした。2002年4月から第3世代携帯電話(CDMA2000 1x)による最大144kbpsの高速データ通信サービスがauにより全国主要都市で一斉に開始されました。

PHS

DDIポケット契約で京セラのデータスコープDS-320→Toshiba DL-S200→DL-M10→Panasonic KX-HV200と使っていま した。使える場所が都市圏に限定されますがPIAFSによる高速通信はサブノートやPDAでのWWWブラウズを実用的にします。アクセスポイントがポケットMALに対応していれば国内は料金体系が一本になり便利です。
当初の不満点は移動体通信ができないことと本体だけで使える文字通信がPメールしかない (Eメールが使えない)ことでした。しかし、H"の登場でこれらの問題もほぼ解消されました。
KX-HV200に128MBのSDカード(Panasonic RP-SD128BJ1A)を挿して使っていますがメモリーカードスロットを装備しながら薄さ19mmを実現し、通話時間9時間、待ち受け時間1200時間とPDCにはまねできないスペックが気に入っています。 残る問題はi-modeやezwebといったHTMLの閲覧ができないことです。

携帯電話
左からTH241、TH071、TH-291、DL-S200、DL-M10、
KX-HV200、A3014S

通信料金比較(円)

TU-KA

au

DDIポケット

音声通信(携帯電話同士、平日昼間、東京隣接県間)

st

料金プラン

ツーカーコンポ

エコノミー

昼得コース

1分間の通話料

40

40

26

基本使用料

2500

3980

1980

割引

0

-1370

-200

通話時間

30

30

30

通話料

0

0

780

E-MAIL

300

300

0

小計

2800

3310

2560

2nd

料金プラン

ファミリープラン

ライト

昼得コース

1分間の通話料

40

60

26

基本使用料

1750

3480

1980

割引

0

-1245

-200

通話時間

15

15

15

通話料

0

0

390

E-MAIL

300

300

0

小計

2050

2835

2170

合計

4850

6145

4730

データ通信(平日昼間、東京隣接県間)

E-mail

3

3(1kB)

10(30秒)

データ通信

9600

14.4K(max144k)

64k(max128k)

注)2002年7月現在

Communication Electronic Life


■ 通信カード/ケーブル

I・O DATA USB-cdma

auのPacketOne対応ケーブルは価格帯で8000円と4000円の2種類あります。低価格帯はソフト処理のためCPUパワーを使います。I・O DATAのUSB-cdmaは低価格ですがPCG-U1との組み合わせで144kbpsのパケット通信も問題なく通信できました。

DoCoMo 96P1

TU-KAで使用していました。購入当時TU-KAのものは\20,000以上、96P1は\12,800だったためです。これ以前のDoCoMo製品9600mkIIではプロテクトがかかっていてTU-KAでは使えません。現在はもっと安価でいろいろ選べるのでそんな苦労は不要です。

サン電子 SUNTAC PS64P1

PS654P1

H"対応のUSB接続ケーブルです。DDIポケットがこれをターゲットにしたH"向けアプリケーションソフトを公開しています。電話帳の編集からPメール、PメールDX(電子メール)の送受信までできて便利で した。

Communication Electronic Life


プロバイダ

AYU-NET

アクセスポイント:市内○、海外、PIAFS○(13)...注)
ホームページ:無償、10MB
通信費:常時接続 5,000円(放送サービスとセットの場合 4,000円)

4.5C/TVという同軸ケーブルで常時接続になりました。実力は当初下りで33KB/sec程度でしたが以下のように徐々に改善されています。

'01年9月15日より77KB/sec程度に改善
2001年11月1日より2Mbpsの試験(230KB/sec程度)
2002年1月15日より3Mbpsの試験(320KB/sec程度)
2002年3月6日から正式に3Mbpsのサービス開始
2002年10月1日から5Mbpsのサービス開始

POPサーバーは外部からアクセス可能です。

ケーブルモデムはモトローラのSURFboard SB4100です。USBポート接続も可能でドライバーが提供されています。

注)2002年4月1日AYU-NETがNECと提携したのでBIGLOBEのメールアカウントとアクセスポイントが使えるようになりました。

CATV

メーカー:Motorola/SURFboard
品名:External Cable Modem
型番:SB4100

[製品情報]、[ドライバー]

FREECOM

アクセスポイント:市内○、海外×、PIAFS○
ホームページ:無償、50MB
通信費:無償

ISPの無償サービスです。メールアカウントの追加が無料だったりメールサーバーを外部から参照でき便利です。アクセスポイントも充実しています。

Airnet

アクセスポイント:市内○、海外△、PIAFS△
ホームページ:無償、25MB
通信費:入会金5,000円、年10,000円、5:00-22:00(Cコース)

インターネットでほとんどの情報が得られるようになった98年末、BBSともお別れ となりました。BBSにとらわれて擬似インターネット対応になっているNiftyserveのメールではMesage-IDを置きかえられてしまうのでメーリングリストで不具合が生じる場合がありま した。また会社のインフラ整備も進み国内外出張でもリモートアクセス可能となったので、個人的にはほとんど自宅からのアクセスのみになりました。低価格としっかりしたバックボーンを条件に乗換えを検討した結果Airnetのお世話になることにしました。( 契約期間1998/10/24〜2001/10/23)

名称

@nifty

AIRnet

ODN

DION

ASAHIネット

コース

デイタイム 個人Cコース バリュープラン コミコミコース
レギュラー
プランM プランA プランB

入会金

1000

5000

0

0

0

0

0

契約(時間)

契約時間帯内
無制限

契約時間帯内
無制限

無制限

10

5

8

15

接続料金(円/月)

1200

10000/12

1300

2400

450

800

1700

超過料金(円/分)

5.0

0.0

0.0

10.0

7.0

7.0

3.0

電話料金(円/分)

10/3

10/3

10/3

0.0

10/3

費用(10時間/月)

3200

2833

3300

2400

4550

3640

3700

費用(15時間/月)

4200

3833

4300

5400

7650

6740

4700

費用(16時間/月)

4400

4033

4500

6000

8270

7360

5080

費用(20時間/月)

5200

4833

5300

8400

10750

9840

6600

メールの転送

外部からアクセス

   

HP容量

10MB

25MB

10MB

5MB

5MB

25MB

50MB

HP料金

0

0

500円/月

0

0

追加ID

200円/ID・月

500円/ID

250円/ID・月

250円/ID・月

350円/ID・月

@nifty

アクセスポイント:市内○、海外◎、PIAFS○(11)
ホームページ:無償、10MB
通信費:入会金1000円、15hまで月2,000円、10円/分(15時間コース)

電子会議室で生の情報が得られます。(FIBMJ, FJAZZ, FPCUMを巡回していました。)'98年1月28日から海外ローミングサービスが、'98年1月29日からPOP3やSMTPに対応したメールサービスが開始されました。また'98年4月からメールにフリーネームが設定できるようになりました。
(契約期間〜1998/10/31)

People(現FF Net)

アクセスポイント:市内△(K56flexのみ)、海外×、PIAFS◎(23)
ホームページ:無償、15MB
通信費:入会金なし、月2,500円、無制限(パワーアクセス)

電子会議室がさびし かった。

So-net

アクセスポイント:市内○、海外○、PIAFS◎(23)
ホームページ:無償、5MB
通信費:入会金なし、20hまで月2,000円、10円/3分(とことんコース)

自宅近辺のアクセスポイントが比較的空いていました。
33.6k→56K、PIAFS対応がちょっと遅かった。

MSN Internet Access

アクセスポイント:市内○、海外◎、PIAFS○(11)
ホームページ:なし
通信費:入会金なし、15hまで月2,070円、8円/1分(標準プラン)

33.6k、PIAFS対応が遅かった。

Bekkoame

アクセスポイント:市内×、海外×、PIAFS△(4)
ホームページ:無償、30MB
通信費:入会金なし、年24,000円無制限(ベッコアメ・ライト)

アクセスはIBMやBIGLOBEと比較して快適。
DS-110との相性が悪く?PIAFSで繋がらなくなったのは致命的でした。33.6K対応も 遅かった。
(契約期間〜1997/9/20)

AT&T ビジネス インターネット サービス (旧IBM ネット・パスポート)

アクセスポイント:市内○、海外◎、PIAFS△(4)
ホームページ:プレミアムプラン利用者のみ、10MB
通信費:入会金なし、15hまで月1,800円、600円/1時間(ベーシックプラン)

専用ダイヤラーがあるのでアクセスポイントの検索が楽で した。x2による56Kのアクセスポイントも'97年7月1日に設置されました。

BIGLOBE

アクセスポイント:市内○、海外、PIAFS○(13)
ホームページ:無償、5MB
通信費:入会金なし、30hまで月2,000円、10円/1分(ばりばり30コース)

海外へのローミングサービスが 魅力でした。(当時30円/分と高かったけど)。x2でなくk56flex(V.90も可)なのがIBMとの大きな違いでした。PC-VANもあり活発ですがNiftyserveに慣れ親しんでしまってい たのでNiftyserveのインターネット対応が進むと必然的に。。。
(契約期間〜1997/12/31、2002/4/1〜AYU-NETとの提携で利用再開)

Communication Electronic Life


モデム

AIWA PV-AF144

電池駆動も可能な外付けタイプの14,400bpsモデムです。PS/V Vision 2408のマザーボードはシリアルポートが高速に対応していません。したがって通信速度を上げるために高速シリアルポートを搭載した内蔵型に変更せざるを得ませんでした。

サン電子 SANTAC MS288DF

内蔵型28,800bpsモデムです。なんの不具合も無く'99年7月まで使いつづけました。Windowsに標準のドライバーが用意されているので再インストール時に気を使わずに済みます。また、ホームページ作成時の画像の重さの判断基準に使っていました。

OMRON 内蔵型FAX/DATAモデムボード ME5614PCI

[製品情報]、[ドライバー]

程度のいい中古が安く売られていました。内蔵型V.90対応モデムです。画像の重さの新基準として採用することにしました。PS/V Vision 2408はPCIが2スロットしかないので、サウンドカードを新調するときのことを考えてPCIでなくISAモデルまたは外付けにしたほうが良かったかなと後悔しています。

Mwave

TP530CS時代に使用しました。当初は14.4Kで音声とアクセスの同時使用ができなかったのですがバージョンアップにより28.8k〜33.6kや音声、アクセス同時使用も可能になりました。リソースを食うのが欠点ともいわれていますがこれはPCの慢性的リソース不足のほうが問題と思っています。やりくりすればなんとかなります。

Megahertz(US Robotics) XJ3288

IBMネットの33.6Kのアクセスポイントとなぜか相性が悪いです。Niftyserve、Bekkoameでは全く問題ありません。香港ではリダイヤルの嵐で電話代がかなりかかってしまいました。

Megahertz(US Robotics) XJ1560J

IBMネットとの相性も問題なく56K(x2)も快適でした。V.90対応のファームウェアのバージョンアップも提供されています。

TDK DF3314

IBMネットとの相性問題ありませんがMwaveやX jackになれてしまうと紐付きは使いづらいです。

Communication Electronic Life


モデムセーバー

IBM Modem Saver

メーカー:IBM
品名:Modem Saver
品番:

IBM Modem Saver

極性反転アダプターが付属しています。

ROAD WARRIOR モデムセーバーLT

メーカー:ROAD WARRIOR
品名:モデムセーバーLT
品番:RA-1B(オレンジ)

[製品情報]

ROAD WARRIOR モデムセーバーLT

ROAD WARRIOR てるまきくん

メーカー:ROAD WARRIOR
品名:てるまきくん
品番:RW-15

[製品情報]

ROAD WARRIOR てるまきくん

携帯用電話回線ケーブルです。モデムセーバーと合わせて使います。IBM Modem Saverを携行するときはオスメス変換も必要でしたがモデムセーバーLTはオスメス変換としても使えるので不要です。

Communication Electronic Life


電源アダプタ

ROAD WARRIOR サスコム

メーカー:ROAD WARRIOR
品名:サスコム
品番:SASCOM

[製品情報]

ROAD WARRIOR サスコム

何個も持ち歩かなくてもこれだけで世界中の電源形状をサポートします。コンパクトにたたむことができます。

Communication Electronic Life


電話モジュラー変換

ROAD WARRIOR マルチテレコネクター

メーカー:ROAD WARRIOR
品名:マルチテレコネクター
品番:RW26JANコード 4522425000572

[製品情報]

何個も持ち歩かなくてもこれだけでイギリス、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、ベルギーの各プラグタイプに対応します。

Communication Electronic Life


LAN

常時接続を機にブロードバンドルータ(Network Address Translation/Translator & IP Masquerade)を使ってLANを構築しました。最近流行のワイヤレスはまだ高いのでケーブル接続としました。
ファイヤフォールの機能もあるので常時接続初心者には助かります。

LAN

ブロードバンドルーター

メーカー:Accton
品名:Broardband Router
型番:SMC7004BR

[製品情報]

下表の機器が候補に上がりました。2001年2月下旬に発売された唯一プリントサーバー機能をもつAcctonのSMC7004BRを選びました。(3月8日までに3000台の受注を記録したらしい。)

メーカ 製品名 LAN
ポート
プリント
サーバー
価格
メルコ BLR-TX4 4 × 15,800
PLANEX BRL-01N 1 × 17,800
BRL-04 4 × 19,800
BRL-04F 4 × 24,800
NETGEAR RT314 4 × 27,000
Accton SMC7004BR 4 19,800
SMC7008BR 8 24,800

LANケーブル

メーカー;Harmonet
品名:Pasta CABLE (15m)
型番:

コスト削減で無線LANをあきらめたので部屋間のケーブルの引き回しが最大の問題となっりました。壁に穴を開けることも考えましたがソフマップでドアの隙間に入るパスタケーブルを見つけました。厚みは約3mmです。 もちろん100Mに対応したカテゴリー5のケーブルです。

Pasta Cable

Communication Electronic Life


電話

NTT

14.4K 私のパソコン通信はここから始まりました。モデムはAIWAのPV-AF144でした。
28.8K MainマシンのモデムがSUNTAC MS288DFだったのとホームページの作成に当って重さの判断材料になる理由で1999年7月までこの速度で使っていました。Airnetには26.4Kbpsで接続されます。
33.6K Subマシンの自宅での通信速度は長らくこの速度でした。28.8Kからわざわざ乗りかえるスピードではないと思います。
56K(x2) IBMネットで使ったことがあります。快適でした。
k56flex 使ったことがありません。
V.90 SubマシンのモデムカードXJ-1560のファームウェアがバージョンアップされたのとAirnetのアクセスポイントが対応しているのでやっと使えるようになりました。Airnetには44Kbpsで接続されます。64Kほどではありませんが28.8K, 33.6Kと比べると明らかに快適でISDNへの移行時期が伸びそうです。
V.92 使ったことがありません。
ISDN 子供が大きくなって2回線必要になったら考えます。

NCC

電話がスーパーLCR機能付きだったので日本テレコム(0088)に加入していましたが会社のリモートアクセスのアクセスポイントがα-DATAに対応したのでDDI(0077)(現KDDI)にも加入しました。 マイライン導入以降は携帯電話がauなのでKDDIです。

Communication Electronic Life


メーラー

Microsoft Exchange

MSNのメールを読むのにしかたなく使っていただけです。重くて使う気がしません。エディタにWordを設定したら地獄です。

Microsoft Mail

IEについてきたメーラーです。Exchangeに比べて格段に軽く使いやすいのが特徴ですがそれ以上のものはありません。メールボックスがテキストエディタで読まれないのはセキュリティーの上ではいいかもしれません。

EudraPro

職場にMachintoshのユーザーが多いので仕方なく使いはじめましたが3.0-JからはMIME、複数のアカウント対応や強力なフィルターや検索機能で使い勝手が大幅によくなって気に入っていました。次期ver.4は見た目がかっこいいので少し気になっています。

Becky!

EudraProの機能をほぼすべて持っており、さらにダイヤルアップ接続にも対応した優れものです。複数のアカウントのやりくりはピカイチです。ユーザーによる非公式のホームページもあり愛用者は少なくないようです。

Outlook

サーバーにメールを残す設定ひとつ探すのに苦労します。各設定が整理されてなくてわかりづらいです。 送信時にあて先に名前しか出ずメールアドレスが確認できないとかヘッダが見れないとかHTMLメールを開かないように設定できないとか使い出すと不満だらけで切がなくストレスがたまります。Becky!と 比較してしまいメーラーとしては使う 気になりません。Outlookの問題というよりExchangeサーバーの問題なのかも知れませんが2つのExchangeサーバーの設定ができないのも困ります。

Communication Electronic Life


通信ソフト

WTERM

Niftyserve入会当時使用していました。まだ、情報源が少なくこれ以外知りませんでした。DOSプログラムとして良く出来ていると思いました。

秀term

自動巡回にほれて使いました。秀NAVIは今一つ使い慣れませんでした。

NIfterm

HidetermよりGUIがWindowsっぽいので使い始めました。Niftermのおかげで妻もNiftyの電子メールを使えるようになりました。

Nifty Manager

GUIはすばらしいのですが融通がきかないのが欠点です。

AirCraft97

NiftermよりさらにGUIがWindowsっぽいです。これを使い始めたきっかけはデータスコープでPIAFSをやるときにNiftermがTAPI対応してなくて認識できない時期があったためです(現在は問題なく使えます)。しかし、Niftermの有効期限がきれてから完全に移行してしまいました。特にアクセスポイントリストを搭載している点に魅力を感じています(アクセスポイントを出先で探す手間が軽減されます)。

メーリングリストやWWW上での会議室が多数存在しNiftyserveもWWWブラウザで巡回が可能になった現在こういった通信ソフトには従来の巡回だけではなくメーラーやブラウザとの連携やデータベース的機能が要求されてきていると思います。

Communication Electronic Life




|
HOME | CAR | JAZZ | Electronic Life | AMIREBA CLUB | 50cc | Family |